顧客フロントSEのIT勉強ブログ

顧客フロントSEがなるべく手を動かしながらIT技術を学んでいくブログです。

AWSワークショップとは何ぞや

f:id:se_o_chan:20210818165814p:plain

これからAWSワークショップを使って色んなサービスを学んでいきますが、その前に「そもそもAWSワークショップとは何ぞや」を整理します。

ワークショップにどんなサービスがあるのか記載した記事があまりヒットしないので、この記事を今後の学習内容を考える土台にできればと考えています。

AWSワークショップとは何ぞや

まずAWSワークショップとは次のサイトのことを指します。

workshops.aws

このウェブサイトには、アマゾンウェブサービスAWS)のチームによって作成されたワークショップがリストされています。ワークショップは、ビジネス上の問題を解決するために使用できる実践的なスキル、テクニック、または概念を教えたり紹介したりするために設計された実践的なイベントです。 

AWSの各サービスを使った多数のシナリオ・手順が公開されていて、その手順通りに操作していくことで各サービスの概念・機能・テクニックが学べる、というものです。

例えば、QuickSightワークショップを手順通りに実施すれば、次のような構成のシステムを構築することができます。

f:id:se_o_chan:20210818102414p:plain

 (出典)https://learnquicksight.workshop.aws/en/dashboard-embedding/2.embedding-workflow.html

AWSがベストプラクティスとする構成を知り、手を動かしながら構築手法が学べるので、机上だけで勉強するよりも「腹落ち」ができると思います。

ちなみに、ほとんどのトピックが英語です。

ワークショップ内のトピック

ワークショップ内には、2021年8月時点で100以上のトピックがあります。後述しますが、トピック検索がかなりイマイチなのでトピックの総数が分かりません・・・。

1つ1つのトピックは次のように(一応)整理されています。

f:id:se_o_chan:20210818105239j:plain

# 項目名 概要
トピックタイトル 「EC2 Workshop」のようにシンプルなサービス名がついたものや、「Building a cross-account CI/CD pipeline」のように特定のユースケースがタイトルになっているものがあります。トップ画面上部の検索窓は、このタイトルに対して文字列検索します。
レベル 100~400まで。数字が増えるほど難易度が上がります。ざっと見た感じ、レベル100のものはあまりなく、200~400が大半を占めている印象です。
カテゴリー ワークショップのトップ画面上部にタブが用意されていて、このカテゴリー別に検索できます。1トピックに複数値が登録されることもあります。
タグ トピック内でどんなサービスを使っているかの参考情報です。1トピックに複数値が登録されることもあります。
所要時間 学習するのに必要なおおよその時間。さらっとやれば半分になるし、不明点を1つ1つ調べながらやると数倍かかることもあるので、あくまで目安です。
トピック概要 1~5行くらいでトピックの概要が説明されています。

トピックを1つ選択し「Get Started」ボタンをクリックすると、次のような画面が開きます。

画面左部にそのトピック全体の目次が表示されて、右部には画像や動画付きで操作手順が記載されます。
ユーザーは上から順番に操作していけば、各サービスを使ったベストプラクティス構成のシステムを構築することができます。

f:id:se_o_chan:20210818113217j:plain

(注意)ワークショップを行うには、自分がルートアカウントを管理しているAWS環境が必要です。
まだAWS環境を持っていない方は、下の記事を参考にアカウント発行・初期設定を行ってください。

frontse.hatenablog.jp

トピックの検索方法

正直、これがカオスです・・・ 
めちゃくちゃ検索しにくいです。さすがにAWS側に何とかしてほしい。

AWSワークショップのトップ画面上部に検索窓とタブが用意されていて、この2つを使ってトピックを検索します。

f:id:se_o_chan:20210818111502j:plain

検索方法1:キーワード検索

検索窓にキーワードを入れると、トピックタイトルに対して検索しに行きます。
動きを見る限り、カテゴリー・タグ・トピック概要に検索キーワードが含まれていてもヒットしません

従って「CI/CD for ECS Workshop」というトピックだと、メインサービスがCloudFormationやCodeBuile、CodeDeployになるのですが、これらのサービス名で検索してもこのトピックはヒットしません。

検索方法2:カテゴリー検索

画面上部のタブを選択すると、トピックのカテゴリ別にフィルタされて検索できます。
しかし、カテゴリー自体が管理されておらず、トピック作成者各々が自由に作成している気配があります。

例えば、上の画面キャプチャでも「Internet of Things」と「AWS IoT」など極めて類似しているタブがあります。

カテゴリー自体も数百個に膨れ上がっていて、どんなカテゴリーがあるか一目でわからないため、探しているトピックが何のカテゴリーに属しているのか見当もつかないことが多々あります。

カテゴリーの全容

トピックの検索が非常にしにくいという難点があるのですが、「AWSをどうやって勉強すればよいかわからない」「ホワイトペーパーを見ているだけだとどんなサービスなのかイメージが湧かない」という方にはピッタリな学習ツールですので、ぜひ活用していきたいところです。

そこで、地道に各カテゴリーの内容を見て、カテゴリー内のトピック数やざっくりどんなサービスを使用しているのか全容を一覧にしてみました!

2021年8月現在のもので、どんどん更新されていくかと思いますが、トピック検索の参考にしてください!

カテゴリー名 トピック数 主なサービス 補足
AI/ML 22 SageMaker、Rekognition、Lex  
Industrial 2 IoT Core、IoT SiteWise IoTに内包
IoT 22 AWS IoT全般   
Monitoring 3 AWS IoT、CloudWatch、X-Ray  
Internet of Things 1 AWS SiteWise IoTに内包
AWS IoT 1 AWS SiteWise Internet of Thingsと同じ
AWS for Industrial 1 AWS SiteWise Internet of Thingsと同じ
Industry 4.0 1 AWS SiteWise Internet of Thingsと同じ
DevOps 19 Codeシリーズ、CloudFormation  
Database 9 RDS、Redshift  
Analytics 30 Lake Formation、Redshift、Athena  
Amazon RDS 1 RDS Databaseに内包
Migration 12 DMS、Migration Hub  
Management and Governance 2 Codeシリーズ、Config  
real-time 1 Kinesis Data Analytics、Kafka Streamingに内包
Streaming 2 Kinesis Data Analytics、Kafka  
NoSQL 1 DynamoDB、Kafka、Flink Streamingに内包
kafka 1 DynamoDB、Kafka、Flink Streamingに内包
Application Integration 4 AmazonMQ、AppFrow  
Data Integration 1 AppFrow Application Integrationに内包
SaaS Integration 1 AppFrow Application Integrationに内包
Containers 35 ECS、EKS、EMR、ECR、Beanstalk  
Compute 43 EC2、ECS、RDS、S3  
Architecture 2 Codeシリーズ、CloudFront、Route53  
Storage 11 S3、EBS、Storage Gateway  
Cost Management 2 QuickSight、Cost Explorer  
HPC 11 HPC、ParallelCluster、AWS Batch  
Security 25 Cognito、IAM、GuardDuty、WAF  
Compliance 2 SecurityHub  
Observability 3 X-Ray、EKS、Prometheus  
Software Management 1 HPC、ParallelCluster、Spack  
Networking 17 VPC、ALB、WAF、DirectConnect  
CDK 6 CDK  
Builder Experience 1 CDK CDKに内包
Quicksight 1 QuickSight  
Games 2 Gamelift  
Greengrass 1 Greengrass  
Greengrass V2 1 Greengrass Greengrassに内包
Computer vision 1 Greengrass Greengrassに内包
Edge Compute 1 Greengrass Greengrassに内包
Gluon 1 Greengrass Greengrassに内包
MXNet 1 Greengrass Greengrassに内包
Developer Tools 4 Cloud9、Codeシリーズ  
Backup 1 DataSync、Backup  
Big data 2 Lake Formation、Glue、SageMaker  
Database 12 RDS、DynamoDB  
Lambda Architecture Pattern 1 Lambda、Kinesis  
Amazon CloudWatch 1 CloudWatch、CloudTrail  
AWS CloudTrail 1 CloudWatch、CloudTrail Amazon CloudWatchと同じ
Amazon DocumentDB 1 DocumentDB  
CloudWatch 2 CloudWatch  
AWS Cloud9 2 Cloud9  
Database Migration Service 1 DocumentDB Amazon DocumentDBと同じ
Serverless 18 API Gateway、Lambda、Amplify  
S3 3 S3、Storage Gateway  
Big Data 3 EMR、Glue  
ETL 4 Glue  
Data lake 6 Glue、Lake Formation、EMR  
ETL Developer 1 EMR  
Notebook 1 EMR ETL Developerと同じ
IDE 1 EMR ETL Developerと同じ
Modernization 5 DMS、Migration Hub、ECS、RDS  
Firewalls 1 WAF  
IPv6-Dualstack Workshop 1 VPC、ELB  
QuickSight 2 QuickSight  
Trusted Advisor 1 Trusted Adviser  
Edge 2 WAF、Shield  
Governance 2 WAF、Shield  
Workflows 1 MWAA  
Apache Airflow 1 MWAA Workflowsと同じ
ML Pipelines 1 MWAA Workflowsと同じ
storage 1 EFS、EBS、S3、Storage Gateway  
backup 1 EFS、EBS、S3、Storage Gateway storageと同じ
MQ 1 AmazonMQ  
AMQP 1 AmazonMQ MQと同じ
End User Compute 2 Computer Lab  
Windows 2 EC2  
Enterprise Appications 3 EC2、SAP  
Web 2 EC2、ElasticCache、Amplify  
Computer Vision, NLP, Face Detection 1 Rekognition、Amplify  
Game 3 Gamelift  
Data Streaming 1 MSK  
Media Services 2 Interactive Video Service  
TypeScript 2 CDK、SDK  
JavaScript 2 CDK、SDK TypeScriptと同じ
Developer Tool 1 CDK TypeScriptに内包
Applications 2 Cognito、Rekognition  
Development 3 Amplify  
SaaS 1 S3、Athena、QuickSight  
BlockChain 2 QLDB、AppSync、Cognito  
Marketplace 1 Marketplace  
AMI 1 Marketplace Marketplaceと同じ
SageMaker 1 Marketplace Marketplaceと同じ
Data Exchange 1 Marketplace Marketplaceと同じ
CodeGuru 1 CodeGuru、CodeArtifact  
CodeArtifact 1 CodeGuru、CodeArtifact CodeGruと同じ
Coretto 1 CodeGuru、CodeArtifact CodeGruと同じ
Amazon FinSpace 1 FinSpace  
CloudEndure 1 CloudEndure Disaster Recoveryに内包
Disaster Recovery 2 CloudEndure、ECS、API Gateway  
Events 1 IoT Core、IoT Events  
Alerts 1 IoT Core、IoT Events Eventsと同じ
Transformation 1 Glue DataBrew  
EMR 2 EMR、CodePipeline  
Mobile 6 Amplify  
Front-End 3 Amplify Mobileに内包
Amplify 3 Amplify Mobileに内包
ElasticBeanstalk 1 ElasticBeanstalk  
Media 3 Elemental MediaLive、Elemental Live  
Lookout For Metrics 1 Amazon Lookout for Metrics  
SNS 1 Amazon Lookout for Metrics Lookout for Metricsと同じ
Cloudformation 1 Amazon Lookout for Metrics Lookout for Metricsと同じ
Machine Learning 4 SageMaker、Lookout for Vision  
Financial Service 2 Artifact、Config、System Manager  
aws-sdk 1 CDK、SDK TypeScriptに内包
API 1 API Gateway、Lambda、DynamoDB  
MLOps 2 SageMaker、StepFunction、MLOps  
Data & Analytics 1 SAP、AWS IoT、Lambda  
Apps & Api 1 SAP、AWS IoT、Lambda Data & Analyticsと同じ
GraphQL 1 EC2、AppSync、Congnito、IAM  
Web development 1 EC2、AppSync、Congnito、IAM GraphQLと同じ
Supply chain management 1 EC2、AppSync、Congnito、IAM GraphQLと同じ
Identity 6 IAM、Cognito  
CI/CD 9 Codeシリーズ、CloudFormation  
Data Analytics 1 Glue  
Well Architected 2 API Gateway、Lambda、Codeシリーズ  
SAP 2 SAP  
FreeRTOS 2 FreeRTOS  
RDS 3 RDS、Performance Insight  
Database Monitering 1 RDS、Performance Insight RDSに内包
Caching 1 ElastiCache、ELB、EC2、RDS  
Connect 1 Amazon Connect、Lex  
Lex 1 Amazon Connect、Lex Connectと同じ
Fronte-end 1 Amplify  
Startups 1 Organizaition、DynamoDB、CloudFront  
.NET Core 2 .NET Core、ECS  
Artificial Intelligence 1 Lookout for Vision  
appsync 1 appsync  
graphql 1 appsync  
Mobile and web applications 1 Firebase、Amplify、DynamoDB  
Edge Service 3 CloudFront、Lambda@Edge  
Networking and Content Delivery 2 CloudFront、Lambda@Edge Edge Serviceに内包
Genomics 1 AWS Batch  
ML 2 SageMaker、StepFunction、MLOps  
Postgres 1 RDS  
AWS Game Tech 1 EC2、NICE DCV、CDK  
Game Development 1 EC2、NICE DCV、CDK AWS Game Techと同じ
Microsoft 2 EC2、ActiveDirectory  
Messaging 3 ActiveMQ、SQS、SNS  
Web Application 1 EC2、RDS、ELB、S3、CloudFront  
AWS Educate 1 Lex、Rekognition、Cognito  
Front-End Web & Mobile 1 Amplify、Cognito、Appsync  
EBS 1 S3、Storage Gateway、EBS  
Alexa 1 IoT Core、Alexa Voice Service  
Business Intelligence 1 Glue、Athena、QuickSight  
Developer tools 1 ECS、Fargate、CodePipeline  
Edge Computing 1 AWS IoT  
HA 1 EC2、RDS、ElastiCache、EFS  
Data lake 3 Lake Formation、Glue、Redshift  
Data warehouse migration 1 Redshift、Glue  
AWS Greengrass 1 IoT Greengrass  
IoT Edge gateway, Kinesis Stream, Docker, Lambda 1 IoT Greengrass  
Data 1 S3、StepFunction、DynamoDB  
Data governance 1 S3、StepFunction、DynamoDB Dataと同じ
Data Security 1 S3、StepFunction、DynamoDB Dataと同じ
Lake house 1 S3、StepFunction、DynamoDB Dataと同じ
Metadata 1 S3、StepFunction、DynamoDB Dataと同じ
Perimeter protection 1 WAF  
EC2 2 EC2  
Research 1 Lake Formation、Glue、EMR  
Astronomy 1 Lake Formation、Glue、EMR Researchと同じ
ECS Fargate 1 ECS、Fargate  
CFD 1 HPC  
CICD 1 Greengrass、CodePipeline、CodeBuild  
Pinpoint 1 Amazon pinpoint  
SMS 1 Amazon pinpoint Pinpointと同じ
IAM 2 VPC、WAF、CloudTrail  
ECS 1 EC2、ECS  
Content Hosting 2 Amplify、CodeCommit  
Content Management 2 Amplify、CodeCommit Content Hostingと同じ
Hugo Hosting 1 Amplify、CodeCommit Content Hostingに内包
Management & Governance 2 System Manager、CloudFormation  
BuilderExperience 1 CDK、EventBridge、APIGateway  
Edge services 1 EC2、Lambda、ALB  
CloudNative 1 CDK、ECS、APIGateway、Lambda  
Application Modernization 1 CDK、ECS、APIGateway、Lambda CloudNativeと同じ
Amazon Connect 1 Connect、Kinesis、QuickSight  
Amazon QuickSight 1 Connect、Kinesis、QuickSight Amazon Connectと同じ
Amazon Kinesis 1 Connect、Kinesis、QuickSight Amazon Connectと同じ
EKS 1 EKS、X-Ray、ElasticSearch  
Threat Detection 1 GuardDuty  
Detective 1 GuardDuty Threat Detectionと同じ
Incident Response 1 GuardDuty Threat Detectionと同じ
TransferFamily 1 TransferFamily、StorageGateway  
StorageGateway 1 TransferFamily、StorageGateway TransferFamilyと同じ
DataSync 1 TransferFamily、StorageGateway TransferFamilyと同じ
DevSecOps 1 CodeCommit、CodeBuild、ECR  
Data Protection 1 ACM、KMS  
Active Directory 1 EC2、ActiveDirectory  
Spot 1 EC2  
Web applications 1 EC2 Spotと同じ
Cost Optimization 1 EC2 Spotと同じ
Migrations 1 CloudEndure  

203個もカテゴリーがありました・・・

別カテゴリーとが全く同じトピックをもつカテゴリーには「xxxと同じ」、別カテゴリーの一部トピックだけを取り出したカテゴリーは「xxxに内包」という表現で、上記表の補足列に記載しました。

まずはトピック数が多いカテゴリーから欲しい情報を探していくとよいかもしれません。

まとめ

ということで、AWSワークショップそのものの概要について整理してみました。

これから具体的にいくつかのトピックを取り上げて、サービスの概要・構築手順を学んでいこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村